N-BOX(Nボックス)購入までの流れ-その4

車種はN-BOXに決まり、いよいよグレードや細かいオプションを決めていくわけですが、N-BOX実はN-BOXの中でも3種類ほどあります。

いわゆるノーマルのN-BOX、N-BOX+(プラス)、N-BOX/(スラッシュ) 自分は最初からノーマルN-BOXに決めていたのですが、ここで簡単に残り2つのタイプを紹介しておくと

N-BOX+(プラス)
シートアレンジがユニークで、車中泊を意識した、ちょっとした軽キャンピングカー、本格的なキャンピングカー装備は付いていませんが、シートアレンジでフルフラットに出来たり、車内収納に工夫があったりします。

あと荷室が変わっていて斜めの床になっていて、自転車や車いすの積み下ろしに便利なようです。

車中泊旅行はとても気になりやってみたいと思うのですが、家族4人で軽自動車車中泊は考えられず、ノーマルタイプより後部座席の広さが狭くなる為、後自転車や車椅子の乗り降りも現状我が家には縁が無さそうだったので購入候補から外しました、嫁さんと二人暮らしの方や彼女とちょくちょく旅行へ行く方は車中泊旅行で予算を安く抑え楽しい旅が沢山出来そうなので良いかもしれないタイプです。

N-BOX/(スラッシュ)
/(スラッシュ)には削ぎ取るやカットするといった意味があるそうで、その名の通りN-BOXの屋根部分をカットしたようなデザインとなっております。

そのスタイルの見た目は好みの分かれるところでしょうが、私がN-BOXに心を動かされた最大のポイントは広い室内広なので、その部分が断然劣る/(スラッシュ)は即候補から外れました。w
ただN-BOX/(スラッシュ)は音楽面に力を入れていたり、スマホのワイヤレス充電が出来て、そのスマホから音楽再生をする、などそのような方面に強みを持った車です。

あっ、あと後部座席のドアはスライド式では無く一般的な開閉タイプのドアになります。

これ意外に我が家では重要な事で、今まで子供たちが乗ってきた歴代の車が「バモス」「ステップワゴンスパーダ」の後部座席ドア全てスライド式だったんです。

子供達もそれになれており、たまに私の親の車など乗った時にドアを開ける時にひやっとする事があります、慣れてないので駐車場などで横の車と当りそうになる事がありますし、大人でも意識していても風の強い日にドアを開けると思いっきりドアが開いてしまう場合がありますよね、スライドドアになれたうちの子供達ならなおの事危険です。

ディーラーの営業マンさんが言ってましたが/(スラッシュ)を希望される方は比較的若い人に多いようです、むろん音楽好きの方や/(スラッシュ)のエクステリアを気に入った人には年など関係なくお勧めですけどね。

N-BOX(Nボックス)購入までの流れ-その5へ

N-BOX(Nボックス)購入までの流れ-その3へ戻る

スポンサードリンク