N-BOX(Nボックス)燃費について-01

そもそもステップワゴンスパーダからN-BOXに乗り換えた目的の一つに燃費改善の目的もありました、こちらのページではNボックスの燃費について色々と自分なりに検証・データ化して行きたいと思います。

ステップワゴンを乗っていた時は1リッターあたりの燃費を出すにしても、それまでの総走行距離を確認してガソリンを満タンにし、次にガソリンを入れるまで走行距離の差を出して、次にガソリンを入れた時に何リッター入ったかを確認して、総走行距離の差÷2回目の給油満タンで何リットル入れたか=燃費

という、ちっと面倒な方法で昔の車は燃費だしてました、そうするとおのずとあまり皆さん燃費正確には把握しないようになってくると思います、もちろん私もそうでした。w

燃費は車の乗車年数が上がれば上がるほど悪くなってくるのは車の宿命、恐らく手放す直前のステップワゴンの燃費は9~10くらいだったのではないかと体感しています。

さてさて、話はN-BOXに戻しますが、これはおそらくN-BOXだけの機能では無く最近の車はだいたい付いているのではないかと思うのですが、ボタン一つで簡単に燃費が測れます。

これ昔から車乗っている私には画期的な機能で、ホント感動しました。^^

最近から車乗り始めた人には、何を当たり前の事を、と笑われてしまうかもですがw

で、毎日楽しくて車乗るたびにちょこちょこ燃費なんかを図ってます。

スポンサードリンク



ここでちっとN-BOXのコンソール画面について説明を入れておきます。

燃費や総走行距離など確認するモードが3つ用意されていて、それぞれボタン一つで切り替える事が可能です。

下画像の赤丸のボタンを押す事で3つのモードを切り替えていきます、長押しするとリセット機能が働いて総走行距離以外のものがリセットされます。

Nボックスリセットボタン

1.総走行距離 N-BOXが今までに走行したトータルの距離を表します、写真コンソール01の3631kmがそれになります。

2.リセットボタンを押してからの総走行距離 例えば旅行などに出かける前にリセットしておき、自宅に帰ってくるまでに今回の旅行で何キロ走ったかなどの確認が出来ます。写真コンソール01の見難いですがTRIP17.6となっているのがそれになります。

Nボックスコンソールパネル

3.燃費 リセットボタンを押してからの走行時の1リットルあたりの燃費 例えば日々の通勤時の燃費も簡単に測れて、今日は燃費を抑える事が出来た、とか燃費向上のドライブを日々意識する事が出来ます。

写真コンソール02のAVG10.5km/lがそれになります。

N-BOXコンソールボックス

4.走行可能距離 残りのガソリンタンクの燃料でだいたい後どれくらい走れるかを確認できます。エアコン系の使用有無や走行状況により燃費は変わりますので、あくまで目安として余裕をもって給油はおすすめしますけど。

ロングドライブの時の給油を考える目安になると思います。写真コンソール03のRANGE378kmがそれにあたります。

あと目安として378km給油しなくても走りますよ、て事ですね。

Nボックスメーターパネル

 

N-BOX(Nボックス)燃費について-02へ